<オンライン接客>お客様インタビューVOL.2 | オンライン接客の醍醐味とは | 小山貴子様(女性)

ビジネスパーソンを応援する牛本革製品専門店ビジネスレザーファクトリーは、ご自宅からでも安心してお買い物をしていただけるように、オンライン接客サービス「日本店」を営業しています。※2020年5月31日にサービスを停止いたしました。

4月24日(金)よりオープンした日本店では、多くのお客様にご来店いただいております。
今回は、その中から、オンライン接客サービスをご利用いただいたお客様へのインタビューを行いました。

担当したレザーアドバイザーからの想いとともに、ぜひご覧ください。


横山:
小山様、本日はお忙しい中インタビューにご協力いただき誠にありがとうございます!

今回オンライン接客をご利用いただきましたが、以前に当直営店舗にはご来店されたことはございますか?

小山様:
はい。八重洲店に何度か行ったことがあります。

あとは、わたしは実家が大分で定期的に帰省するんですが、その時に大分駅周辺でちょっと小一時間空く時があって…。その時に大分店に伺ったことがあります!

横山:
ありがとうございます!
当店を知られたきっかけというのはなんでしょうか?

小山様:
大分か八重洲か記憶が曖昧なのですが、たまたま通りかかった時に、「なんだか素敵な物が手頃な価格で置いてる」という感覚で入ったことがきっかけですね。

横山:
オンライン接客というものは今回初めてのご利用でしょうか?

小山様:
はい、はじめてです!
他の会社さんでも受けたことはないです。

オンラインを申し込んだきっかけは、
私、最近パソコンのケースを失くしてしまって…。

そのときに新しいものが欲しくて、ビジネスレザーファクトリーさんの物をちょっと拝見しようと思ったんですが、「もしかしたら店舗は閉まっているかもな」という感覚でHPをみたところ、やっぱり開いてらっしゃらなくて。

そこでHPをスクロールしていく中でオンライン接客サービスを見つけてお申し込みさせていただいた流れになります。

横山:
商品を検討する上で、HPの情報だけでなくオンライン接客を受けてより理解が深まった点などあれば教えてください。

小山様:
そうですね。
元々持っているボックスポーチと同じカラーのアイテムがあればというのがあって…。

そのカラーが確か今年の3月の限定カラーだったんです。
オンラインサイトには表示されていないカラーだったので、そこを詳しく知りたくてオンライン接客を申し込んだという感じですね。

横山:
今回は、今井が実際にPCを測ってケースに出し入れしながら説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

小山様:
そうですね。自分の持っているPCのインチがわからなかったので、「取り急ぎ何センチだったら~」といってサイズを確認してくださったり、マチの具合を確認してくださったり。

こういう縦横奥行きとかを説明していただけたので、商品のサイズ感をリアルに感じられました。

横山:
そういっていただきとても嬉しいです。
小山様は、普段どのようなブランドでビジネスアイテムをご購入されていますか?

小山様:
革製品はもともと好きで、社会人になってからは、ずっと何かしらの革製品を使っていますね。
バッグは10年「アニアリ」というメーカーさんのものを買っていて、5、6個くらい持っています。

ノンブランドと言いますか、ロゴだったりブランド名があまり前にでていないシンプルなアイテムが好きです。

横山:
なるほど…。
では商品を購入する中で、ご自身で重視している点はありますか?

小山様:
そうですね。
ノンブランドということに加えて、中の仕様にはこだわりがあります。

わたしは化粧ポーチをずっと探している期間があって、とりあえずビニールみたいな素材のものを一時期使ったんですけど、ずっと革で欲しかったんです。

値段の問題もあるかもしれないのですが、外側だけ革で、中に仕切りがなくてっていうものばかりで…。

空間としてあればいいんじゃなくて、
「この中に飴をいれて、歯磨き粉を入れて、歯ブラシを入れて、ちょっとした仕切りが2.3個は欲しい」
という理想がずっとあったんですけど、それに巡り合うことがなかったんです。

1年ぐらい探していたんですけど、御社のボックスポーチを見た時に、「あ!これだ!」と思い、すぐに買いました。

ボックスポーチ

横山:
嬉しいお言葉ありがとうございます。

オンライン接客サービスをご利用いただいて、良かった点や、ご意見がございましたら教えていただければと存じます。

小山様:
一般的にはたぶん、人との出会いって瞬間だけだと思うんですよ。

ただ、オンライン接客だと、事前に連絡をいただくことができ、お顔とか担当エリアが書かれていて「こういう人が対応してくれるのね」と親近感を持ちながら、利用できたのがよかったです。

せっかくだったら趣味とか、もう少し人となりのわかるプロフィールがあると、親近感が湧いてもっといいかなと思いました。

横山:
貴重なご意見ありがとうございます。
小山様のアドバイスをもとに、プロフィールを一新させていただきました!

横山:
では最後に
当店に対して感想などあればお願いいたします。

小山様:
そうですね。
最近zoomなどオンラインの集まりやイベントも増えているので、「もっとこういう商品をつくってほしい!」と声を聞く機会というか…ファンミーティングのようなものがあれば参加したいです。

ぜひ企画いただければと思います。

横山:
ファンミーティングも、今後ぜひ実施していきたいなと思います!
小山様、本日はお忙しいところインタビューにご協力いただき本当にありがとうございました!

では、次に、今回小山様を担当した今井からご挨拶させていただきます。

今井:
はじめまして。
エキスポシティ店店長の今井と申します。

横山:
新しいチャレンジのオンライン接客サービス「日本店」に、導入から実施まで販売メンバーを中心にプロジェクトが立ち上がったと伺いました。

今回のプロジェクトリーダーの今井さんは、なぜ手を挙げられたのでしょうか?

今井:
わたしにとって、オンライン接客サービスに携わることは、とてもチャレンジングなことでした。

接客を仕事としていますが、人見知りな面もあり、オンラインでは必須のPCなど機械操作も実は苦手なんです。

今回の在宅勤務期間に、自分の殻を破るという意味でも手を挙げさせてもらいました。

横山:
実際やってみて、普段の接客とどう違いましたか?

今井:
「お客様のご希望を聞いて、一生懸命いいものをお探しする」というベースは変わりません。

ただオンライン接客を申し込んでくださるお客様は、最初から商品への関心が高いため、ご案内させていただく中で新たな視点や気付きをいただき毎回学びの連続です。

横山:
オンライン接客のおすすめポイントを教えてください!

今井:
画面越しなので、対面のときよりも
「本当にこの商品が毎日の中で必要なもの」と冷静に判断してお買い物をしていただけるかなと思います。

大切な時間を電車にのって外出する必要もないですし、ホームグラウンドであるご自宅でくつろいでご利用していただきたいですね。

オンライン接客をお申込みなさる際、
最初ははじめての経験で少しハードルがあるかもしれないですが、一度体験してしまうとクセになると思います!(笑)

横山:
では、最後にお客様へのメッセージをお願いします。

今井:
こういった時期なので、お客様がこれを買いたいと思ったときに、お店が空いていなかったり、公共交通機関を利用するのをためらう気持ちもあると思います。

そんな皆様にぜひ利用してもらいたいですね。

あとは、実店舗が遠い方、妊婦さんやご来店を迷われるハンディキャップをもたれた方にも気軽に利用してみてもらいたいです!

横山:
今井さん、ありがとうございました!
お客様インタビューは、いかがでしたか?

事前にスタッフの情報を知ったうえでお話ができるのは、オンライン接客醍醐味のひとつかもしれませんね。

個性豊かな全国のレザーアドバイザーが、オンライン上にてお待ちしております。
現在、LINEを使用したチャット接客も同様にスタートしています!

この機会にぜひお気軽にご利用ください。

オンライン接客のバナー
この記事をシェアする