新社会人が知っておきたいスーツの基本

スタッフ

学校を卒業し、春からついに社会人。

今までの気心知れた環境から心機一転、新しい土地での仕事や出会いに、期待と不安で胸を弾ませる時期ではないでしょうか。

新社会人にとってスーツの着こなしやルールについて、悩まれる方も多いのでは?

ビジネスパーソンの、「働くを楽しく」を応援するビジネスレザーファクトリーは、新社会人の皆さまこそ、スタートから迷いなく仕事に向き合い活躍できるよう、フレッシャーズ応援企画をご用意しました。

今回は、新社会人に伝えたい、スーツスタイルの着こなしをお届けします。


目次


基本のキは、ネイビーカラー

スーツ:ネイビーの無地
シャツ/ブラウス:白、もしくは薄いブルー・柄物は控える
ネクタイ:レジメンタル柄・クレスト柄
靴:黒の革靴・ヒールの低いパンプス

ネイビーは、誠実・信頼・忠誠という意味があり、ビジネスシーンとは、親和性の高い定番カラーです。

スーツ

スーツスタイルは、ネイビーの無地が基本ですが、生地に縦線の折柄がはいったものや、ストライプ(ピンストライプ)がおすすめ。

職場の服装規定にもよりますが、少なくとも1着は必要です。
制服・作業服などの支給がない場合は、2~3着準備しておくのがいいでしょう。

 

シャツ/ブラウス

シャツは、白や薄いブルーの無地が定番です。
シャツとスーツの色合いも、どちらかが目立ってしまわないように同じトーンで揃えるようにしましょう。

 

女性の場合、スーツのインナーはシャツか襟付きのブラウス(シャツブラウス)がおすすめ。フリルやレース、柄の入ったブラウスは、最初は避けておき、社内の様子を見てから自分の好みのシャツを取り入れましょう。

平日5日分で、最低5枚は用意しておくと安心です。

ネクタイ

ネクタイの色は、スーツの色味に基本的に合わせるとまとまった印象になります。
柄は、「レジメンタル」というストライプや、「クレスト」と呼ばれる小さな紋章入りが定番です。

ネクタイの本数は、最低4~5本用意していると、使いまわしができるので安心です。


シューズ/パンプス

シューズは、ブラックシューズを履いておけば間違いはありません。
革靴の場合は、内羽根式ストレートチップか、外羽根式プレーントゥがおすすめ。
靴は、毎日使うものなので、2~3足をローテーションして回し履きをすると1足を永く使うことができます。

女性の場合は、つま先がラウンドやアーモンド型の丸みのあるものが定番です。
革や合皮のシンプルでフォーマルなデザインがベター。

本革のシューズの場合は、お手入れをすることにより、より永く履くことができるので、使い始めから習慣づけておくと良いでしょう。

革靴>ビジネスシューズは、こちら

バッグ

バッグは、A4サイズの書類が入るもので、外回りでも安心な自立型バッグが良いでしょう。色は、黒~ネイビーの落ち着いた色味が、安心感と清潔感を与えてくれます。

スポーティーな機能性バッグを使いたい場合は、会社の先輩のファッションを参考に判断をしてみましょう。
一目で高級ブランドとわかるものは、避けることをおすすめします。

男性向け>ビジネスバッグ(スタンダード)は、こちら
女性向け>ビジネストートバッグ(トラピゾイド)は、こちら

フィッティング

スーツは、サイズ感が一番大切です。
「着せられた」印象にならないように、事前のフィッティングで、自分の身丈にあったサイズのスーツをぜひ選んでくださいね。

清潔感のあるスーツスタイルで新社会人を迎えましょう。


ビジネスレザーファクトリーでは、全国16の直営店舗にいるレザーアドバイザーが、ビジネスシーンに合うスーツスタイルや革アイテムもご紹介しています。

また直営店舗では、商品をお買い上げいただいた新社会人の方を対象に、応援の気持ちを込めた「新社会人カード」をお渡ししています。
こちらのカードを直営店舗に、お持ちいただくと、通常税別500円の名入れ刻印を無料で承ります。


期間中、何度でも利用可能なので、ぜひ新しいアイテムに名前を刻んで、新たな気持ちで、新社会人をはじめてみてくださいね。

お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
▶直営店舗一覧はこちら
▶オンラインショップはこちら


この記事をシェアする