革との上手な付き合い方とお手入れ方法について

お手入れ ケア

 
本革をより永くお楽しみいただくための付き合い方や、お手入れ方法をご紹介します。

目次
本革の特性にともなう色落ち・水濡れの付き合い方
定期的なお手入れ方法
雨に濡れた場合のケア方法
直営店舗の無料お手入れについて


本革の特性にともなう
色落ち・水濡れの付き合い方

当ブランドの製品は、すべて牛本革を使用しています。
革の性質上、摩擦や水濡れ、汗などに触れると色落ち、シミになる場合がございます。

雨の日や、汗ばむ夏の季節は
淡色のお洋服をお召しの際のご使用については、特にご注意ください。

定期的なお手入れをすることで、
革が強くなり、キズや色あせなどのトラブルの予防になります。


定期的なお手入れ方法

お手入れ ケア

ワックス・クリーム
革に栄養分(油分)を与える役割(目安:1週間~2週間に1度)

防水スプレー
革の上からコーティングをする役割(目安:1週間に1度)

ワックス・クリームの使い方
1.専用のブラシ(馬毛)で、ブラッシングをして、表面に付着している汚れや埃を落とします。
2.スポンジもしくは、布に少量のワックスを取り、革全体に馴染ませます。
3.最後に、布やクロスで乾拭きをして、拭き上げましょう。

お手入れ ケア

初めてワックスやクリームなどを使用される際は、バッグの底面など目立ちにくい箇所で使用後の風合いをご確認いただいたのち、ご利用ください。

1週間から2週間に1度のお手入れで、永く綺麗な状態で革製品をお使いいただけます。

水や雨に濡れた際は、すぐにワックスやクリームをつけるのではなく、しっかりと拭き取り、水分を飛ばした状態になってから、革に栄養分を与えてください。

防水スプレーの使い方
1.専用ブラシ(馬毛)で、表面に付着している汚れや埃を落とします。
2.革製品から30cmほど離して、軽く濡れる程度までスプレーを噴射します。
3.スプレーが乾くまで10分程度待ち、クロスで乾拭きをしましょう。


雨に濡れた場合の
お手入れ方法

お手入れ ケア

乾いたタオルやハンカチで、濡れた部分に含まれた水分を押し広げるイメージで拭いてください。
水分を拭きとった後は、風通しのよい場所で陰干しをしましょう。
このとき、強くこすらないようご注意ください。

突然の雨などで濡れてしまっても、すぐにケアをすることで、シミや変形を防ぐことができます。

▼レザーアドバイザーによる
お手入れ動画は、画像をタップ

お手入れ用品の使い方から、雨の日のケア方法まで
レザーアドバイザーが丁寧にご案内しておりますので、ぜひこの機会にご覧ください。


お手入れ ケア

全国の直営店舗では
当店の商品をお持ち込みいただくと、無料でお手入れ(お磨きサービス)を承っています。

お近くにお越しの際は、ぜひご利用ください。


▶全国16か所の直営店舗一覧は、こちら


直営店舗で使用している
お手入れアイテム

お手入れ ケア

ラナパー
ワックス状のクリーム。スポンジに少量を取り、手軽に磨くことができます。
すべて天然素材の成分でつくられており、肌に優しいお手入れ用品です。

サフィール「ユニバーサルローション」
汚れ落とし、艶だし、保湿のできるオールインワンのレザーローション。
少量を布やクロスにつけて、磨きあげて使用します。浸透力や保湿性を重視する方におすすめ。


直営店舗では、レザーアドバイザーが皆さまのアイテムを、無料してお磨きさせていただきます。
ぜひお気軽にお申し付けください。

同じ風合いのひとつとない本革製品を
永くご愛用いただけることを、心より願っております。

ビジネスレザーファクトリー

この記事をシェアする