プロダクトストーリー「働く女性のためのビジネスバッグをつくりたい。」

ビジネストートバッグ(トラピゾイド)は、働く女性のためにつくられた、機能性と女性らしさを兼ね備えたビジネスバッグ。この商品開発は、ビジネスレザーファクトリーにとって新たな試みの連続でした。

市場には男性ものはたくさんあるのに、女性ものは極端に少ない。
仕事を通じて輝く女性が、より誇らしく美しく使えるビジネスバッグを。

手探り状態からのスタートとなり、この商品が企画会議から店頭に並ぶまでかかった期間は、約2年。ミリ単位でこだわりぬいた商品開発の裏側を今回お伝えいたします。

こんなバッグがあればいいのに。

営業や取引先との打ち合わせなど、外部の方と関わる機会も増えてきた今日このごろ。

社会人として持っていて恥ずかしくない。
自分らしさも表現でき、相手に敬意をはらえるバッグはないものか。

女性らしい装飾を求めると、機能面で不安が残り、
機能性を求めると、機能ばかりが増えて美しさに欠ける。

そんな働く女性の使い勝手に、とことんこだわり、
かつサンプルパターンを何度も練り直してできたものが、
ビジネストートバッグ(トラピゾイド)になります。

理想の形は、市場にないデザイン

「女性のためのビジネスバッグをつくろう。」
その一言から始まったこの企画。

女性スタッフの要望を集めたところ
美しさと機能性の2つをいい所取りという、
まだ見ぬ新たなデザインの構想からスタートしました。

使う女性をイメージして徹底的になりきり、
「持ち物はきっと○○だから…」と
全社員参加のプロダクトミーティング(商品会議)では、
サンプルのバッグを囲み、様々なビジネスアイテムの出し入れを繰り返します。

その時に特にこだわって話し合われた点が、「美しいフォルム」「外ポケット」でした。

見た瞬間から美しいフォルム

ビジネストートバッグ(トラピゾイド)

長テーブルに並べられたのは、いくつものサンプルバッグ。
「この、マチ部分を3mm内側に…」

台形、舟形、縦長、横長…
「台形」と決まるまでに悩み、やっと方向性が決まったかと思えば
今度は台形の角度についてまた討論が始まります。

使う女性のイメージ像に一番近い姿をした女性社員は、何度も鞄を肩に合わせ、全体バランスも含め全員で細かくチェック。総計20個近くのサンプルがバングラデシュ自社工場で作られ吟味を重ねました。

正面から見えないさりげない外ポケット

働く女性のビジネスアイテムを想定し、そこから逆算してできたのが、今回の外ポケット。

「名刺入れをここに入れ、スマホはここで、キーケースはここ!」
「商談で名刺交換をするときに、とにかくスムーズに取り出すためには…。」
「床に置いても、パカッと中身が広がらない自立型バッグが欲しい。」

実際に、小物や書類を入れ、試行錯誤を繰り返しできた外ポケットは、美しさを保つための小さなスリットやミリ単位の高さの調整など細かな工夫が散りばめられています。

特に力を込めてこだわったのが、スリット部分。
ポケットの上部両端に、少しの切り込みがあることで、ジッパーがなくとも外からポケットの中身が広がってみえません。この切り込みがあることで、この外ポケットは成立したのです。

技術面の壁

ビジネスレザーファクトリーの商品は、バングラデシュ自社工場にてつくられています。
実は、ビジネストートバッグ(トラピゾイド)の底マチ部分は、当時のミシンでは縫製が難しく、サンプル段階から、「この構造ではうちの工場ではつくれない」と言われていました。

つくるには新しい高額なミシンの導入が必須となり、数台購入するために大きな投資も行われました。
今までとは異なる、初めてのミシンに初めての技術。

実際に新しい技術に挑戦したのは、サンプルチームのメンバー。
当時4人のメンバーが練習を重ね、技術を習得しました。製造直前には、日本からも担当者が現地にわたり、最終確認を行い、時間をかけて一緒につくり上げました。

みんなでつくり上げた理想のビジネスバッグ

※必要なものがすべてすっぽり入る大容量

今回、プロダクトデザイナーにヒアリングをした中で、特に印象に残った回答が
「このバッグは、みんなでつくりあげたものです。」という言葉でした。

必要な部分にさりげなく配置された外ポケット。
長時間重い荷物をいれても肩が凝りにくい丸芯の取っ手。
そしてこのバッグの名称ともなった美しい台形フォルム。

お客様が、見た瞬間、
「これが欲しかった!」と手に取ってもらえるようなビジネスバッグをつくりたかった。

他のバッグにはないフォルムと機能性の両立を形にしたビジネストートバッグ(トラピゾイド)。
今まであるようでなかったこのビジネスバッグを持つことで、
働く女性の明日が明るくなりますように。

ビジネスレザーファクトリーは、これからも新たな商品開発に日々取り組んでまいります。

今回ご紹介したビジネストートバッグ(トラピゾイド)の商品ページはこちらから。
ビジネストートバッグ(トラピゾイド)

この春の、新しいビジネスアイテムとしていかがでしょうか。

この記事をシェアする