仕事中、社員証やセキュリティーカードは常に持ち歩きますよね。
IDカードホルダーがあれば移動中にうっかり忘れてデスクやロッカーに取りに帰るなんてことが起きずに済むので、スマートに仕事をするにあたってマストなアイテムだとも言えます。
持っている方も多いアイテムですが、他のアイテムに比べてこだわっている人はあまりいないんじゃないでしょうか?しかしながら、常に身に着けているので目に付きやすく、実は意外と見られているアイテムなんです。
おしゃれで質の良いものを使えばコーディネートを格上げすることができますし、他の人とは一味違う “できる大人感” を醸し出せますよ。

IDカードホルダーの選び方

では、IDカードホルダーを選ぶ際にポイントになる項目をお伝えします!

機能で選ぶ

IDカードホルダーの中には、カードを複数持ち歩けるように背面にもポケットがある仕様のものもあります。いつも何枚持ち歩くかイメージして選んでみましょう。普段は一枚しか持ち歩かない人でも、名刺やメモを挟んでおけるのでポケットが複数あるといざという時便利ですよ。

向きで選ぶ

社員証は横向きが主流かと思いきや、縦向きで作成している企業や団体も少なくありません。社員証は首にぶら下げていつでも見えるようにしておきたいので、向きが合うものを使用するのがベターです。

カラーで選ぶ

仕事で使うアイテムの色選びは非常に重要です。スーツや鞄は特に慎重選ぶべきですが、IDカードホルダーは比較的小さく着脱可能なアイテムなので、なりたいイメージでカラーを選択しても良いでしょう。暗めの落ち着いた色を選べば大人のこなれ感が出せますし、明るいカラーでコーディネートのワンポイントにするのもおすすめです。チームのメンバーと色を揃えて持つのも素敵ですね。結束力が高まりそうです!

素材で選ぶ

素材によって見た目の印象や耐久性も異なるので、こちらも購入前に考慮したいポイントです。
合成皮革やナイロン製、プラスチック製のものは比較的安価で手に入ります。取扱店も多いため欲しいと思った時にすぐに手に入るのも良いところです。しかしながら、安っぽく見えたり、耐久性が低いため劣化が早いことが難点と言えます。
対して本革は上記の素材に比べると高価ですが、本革ならではの高級感が他の人とは一味違うスタイリッシュな印象を与えてくれます。耐久性にも優れていて、お手入れ次第で風合いや質感を育てていくことができるため、永く使用することができるのが利点です。

上記をふまえて、ビジネスシーンで使用するにはやはり本革がおすすめです。
ここでビジネスシーンにピッタリな本革素材のIDカードホルダーおすすめ5選をご紹介します!

本革IDホルダーおすすめ5選

ビジネスレザーファクトリー BUSINESS LEATHER FACTORY

ビジネスレザーファクトリーは、ビジネスパーソンの「働くを楽しく」を応援する牛本革製品専門店です。
牛本革でつくられた上質な革製品を、お求めやすい価格で提供しています。
カラー展開が13色と非常に豊富で、男女問わずご自身のなりたいビジネスパーソン像に合った色を選ぶことができます。

IDカードホルダー
IDカードホルダー

【IDカードホルダー(リール付きストラップ) ¥4,398】

ビジネスレザーファクトリーのIDカードホルダーは、牛本革をネックストラップやリール金具にまで使用したこだわりの一点。
本体の後ろ側にはフリーポケットが付いており、多用途に使える仕様です。首にぶら下げたまま伸ばせるリール付きのネックストラップでセキュリティカードのタッチもストレスフリーに行えます。
そしてなんと言ってもこの価格。牛本革でこの価格はコスパ抜群です!
普段は店頭に立って接客している私も、お客様から直接「コスパ最高」、「革質が良い」、「シンプルなデザインの革製品をずっと探していたが、やっと気に入るものが見つかった」など様々なお言葉をいただいております!
詳細が気になる方は、下記のリンクからさらに詳しい商品情報をご覧いただけます。

⇒ビジネスレザーファクトリーのIDカードホルダー(リール付きストラップ)はこちら

ホワイトハウスコックス Whitehouse Cox

ホワイトハウスコックスは、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーを用いて様々なレザーグッズ作っているイギリスの老舗ブランドです。革小物に強いこだわりをもつ人から絶大な支持を得ています。

IDカードホルダー

【S9736 ID HOLDER / BRIDLE ¥17,600】

表、裏に各一枚ずつカードを収納できます。五段階調節が可能なネックストラップは取り外しが可能でカード入れとして単体でも使用できます。
最高グレードのカウハイドを原皮に用いたブライドルレザーで作られています。
本格志向の方におすすめしたい一点。

⇒ホワイトハウスコックスのS9736 ID HOLDER / BRIDLEはこちら

イル ビゾンテ IL BISONTE

特徴的なバッファローマークがトレードマークのIL BISONTEは、ワニー・ディ・フィリッポがデザインするイタリア・フィレンツェ発のバッグ・ 革製品のブランドです。フィレンツェの熟練の職人がハンドメイドで製品を作り上げています。

IDカードホルダー

【カードケース ¥12,100】

かっちりとしすぎず、丸みを帯びた特徴的なデザイン。角が取れたデザインは、柔らかい、優しい、人当たりが良さそうという印象を与えてくれます。
デザインだけでなく機能も充実しており、ネックストラップはシルバーパーツで長さの調節が可能、裏面にもカードを一枚収納できるポケット付きです。

⇒イル ビゾンテのカードケースはこちら

オロビアンコ Orobianco

デザイン性と機能性を兼ね備えたイタリアンファッションを意味する”La moda italiana bella ma intelligente”をコンセプトにしたイタリア発のブランド。
実用性の高い製品は、ビジネスからプライベートまで様々なシーンで活躍します。

IDカードホルダー

【DOUGLAS IDケース(ORS-081308) ¥14,300】

バゲッタ製法という染料で作った下地にオイルを重ねて塗り込んで色を作っていく製法で作られています。
バゲッタ製法は、イタリアに古くから伝わる伝統的ななめしの手法です。革に詳しい方とっては見逃せない製法ではないでしょうか。
オロビアンコのIDカードホルダーも表、裏各一枚ずつカードを収納可能です。ストラップはナイロン製で調節はできませんが、首へのあたりが柔らかく着け心地が良いつくりです。

⇒オロビアンコのDOUGLAS IDケース(ORS-081308)はこちら

和気文具

最後にご紹介するのは創業1926年の老舗文房具専門店の和気文具です。
レザーアイテムも国産にこだわり、地元・大阪の革職人とタッグを組んでひとつひとつ丁寧に作り上げています。

IDカードホルダー

【和気文具オリジナル 縦型IDカードケース ¥9,900】

最後に、縦向きのIDカードホルダーのご紹介です。
裏面にはカードポケットが2つと今回ご紹介した中で一番ポケットが多い仕様です。
リールタイプのネックストラップなので、セキュリティーカードのタッチがスムーズに行えるのが魅力です。
革には堅牢で丈夫な栃木レザーが用いられています。栃木レザーはじっくりと深くエイジングしていくのが魅力です。使用していくほどに愛着が沸いていきそうですね。

⇒和気文具の和気文具オリジナル 縦型IDカードケースはこちら

さいごに

いかがでしたか?気になるものはございましたか?
こだわりの一点を見つけて、“できるビジネスパーソン”を是非目指しましょう!
お気に入りを身に着けることで自身のモチベーションアップにも繋がりますね。
今回は、IDカードホルダーの選び方、おすすめの本革アイテム5選をご紹介しました!