日々の生活からすっかり手放せないスマートフォン。
高価なものなので、ケースは欠かせません。

スマホケースにはシリコン製のものやプラスチック製のものなどありますが、オシャレでカッコイイのはやっぱり本革。
ケースは単に保護するだけでなく、既にファッションの一部にもなっています。

本革って、値段が高いイメージがありますよね。
今回は、コスパ重視で本革アイフォンケースを選んでみました。

アイフォンケースは見た目と機能性で選ぶ

シンプルなケース型iPhoneケース

背面カバータイプ。前面にはカバーはなく背面のみなので、安全性には欠けるが、かさばらないのがいい。また、見たいときにすぐに見れるのも利点。

手帳型iPhoneケース

開く手間が要るため、見たいときにすぐに見れないという欠点もあるが、前面も覆っているため、前面ガラスの保護も可能。落とした時が怖いという方にはこちらがオススメ。

カードケース付きiPhoneケース

シンプルなケースにカードケースがついたものなどもあります。

コスパ最強はどのブランド?

iPhoneケースはいいものが沢山出ていますが、ここではコスパ重視ということでお値段を10,000円前後のiPhoneケースを紹介します。

1.ビジネスレザーファクトリー

BLF_iphoneCase

バングラデシュに自社工場を持つビジネスレザーファクトリーは、13色展開!
そのカラーバリエーションも魅力ながら、お値段が2,000円から3,000円前後というリーズナブルな価格が魅力です。
お客様からは、あまりの安さに合皮かと思ったと言われることもありますが、正真正銘の牛革製です。
形はシンプルな背面カバータイプとそれにカードケースがついたウォレットタイプ、手帳タイプがあります。
さらに嬉しいのは、名前の刻印を入れることができるので、より愛着をもって長くお使い頂けます。

ビジネスレザーファクトリーの公式HPはこちら

2.GLIDE ( グライド )栃木レザーシリーズ

GLIDE_iphoneCase

iPhone ケース・革小物専門店が出しているブランド、GLIDE。
このブランドでは革の種類もブライドルレザー、栃木レザー、ヌメ革など豊富に揃っています。
その中でも栃木レザーシリーズは色も革の風味あるナチュラルな7色が魅力で、且つ、お値段も2500円(税込)から買えるのが嬉しい。
革は栃木レザー(牛革)を使用し、使えば使うほどに艶が増し、エイジングを楽しむことができます。
ただし、エイジングを楽しめるということは汚れやすいこともありますので、せっかくですから大事にお手入れすることは忘れないでくださいね。
革も製造も国内生産というこだわりの商品です。種類は背面カバータイプが2種類と手帳タイプがあります。
栃木レザーの公式HPはこちら

3.GLIDE ( グライド ) シュリンクレザー

GLIDE_iphoneCase2
先ほど紹介したグライドのシュリンクレザー。
イタリア・トスカーナ地方ののベジタブルタンレザーを使用しています。
ここで使用される革は伝統的なバケッタ製法による高級皮革を生産するConceria800社の最高級バケッタレザー。
その上質な革を生かしたシンプルなデザインが魅力です。
カラーは2色、高級感漂うナチュラルとグリーンがあります。
背面カバータイプが税込4800円、手帳型は10,000円です。
GLIDE ( グライド ) シュリンクレザーの公式HPはこちら

4.SYRINX

SYRINX_iphoneCase
デザインしているのが建築家というだけあって、ここの製品のデザインはとても優美かつ機能的です。
その外観から、デザインは合理性、機能性の上に成り立つべきというデザイナーのコンセプトが伝わってきます。
そもそもiphoneの美しさを損なうケースはiphoneに相応しくないという独創的な姿勢から実にユニークなデザインとなっています。
背面カバータイプでも手帳型でもない、底の開いた袋状と言いますか、無駄のないデザインは見る人を魅了します。
色は6色、お値段は4990円です。
SYRINXの公式HPはこちら

5.LEVEL7

LEVEL7_iphoneCase
いかにもハンドメイドのレザークラフトらしいブランドです。
こだわりのイタリア製の生成りのヌメ革にステッチが魅力です。
無骨な中にも温かみを感じられる商品です。エイジングを楽しみたい人にもオススメです。
お値段も魅力の税込み3900円です。

LEVEL7の公式HPはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
一口に本革と言っても革の種類やデザイン、それぞれの良さがあるかと思います。
気分で変えてみるのもオススメです。
あなたに合ったiphoneケースを見つけて、スマホライフをエンジョイしてくださいね。