ブックカバー(A5)/カラー:ピーコックブルー

八重洲店 小永吉さん 20代女性スタッフの愛用品
ブックカバー(A5)/カラー:ピーコックブルー

今回、愛用品を紹介するのは「東京駅八重洲店」の小永吉です。
ビジネスレザーファクトリーのブックカバーに出会うまでは、本にブックカバーを付けたことはありませんでした。しかし今では、自宅でもブックカバーをつけて読んでいて、自分用にもギフト用にもリピートしています。

▷愛用歴 1年
▷カラー ピーコックブルー

推しポイント①/ひとりの時間をちょっぴり贅沢に!

ブックカバー(A5)

とっておきの「ひとり時間」をより素敵に感じさせてくれる
「シンプル」&「上質」な本革のブックカバー。

10色から選んだ1枚は、それだけでも特別感があるのですが、ひとつひとつ、シワ・シボ感が違うのも本革ならではです。お店で見比べながら、自分だけの1枚を選ぶ過程がとても楽しいからこそ、手にとるだけで気分が上がります。

ブックカバーをつける目的は人によって様々で、
▶︎本の汚れや劣化防止のため
▶︎プライバシーのため
▶︎ファッションのように楽しむため、
など理由はたくさんあると思います。
わたしは、気分をあげて読書時間をより楽しむためにブックカバーをつけているので、電車などの出先だけでなく、自宅で読む時でもつけています。
シンプルで洗練されたデザインなので、どんなシーンでも馴染んでくれるビジネスレザーファクトリー のブックカバーはとても優秀です。

また、本を読んでいると、長い間手に触れているのですが、柔らかな肌触りが、読書の時間に「心地よさ」を演出してくれます。

推しポイント②/ブックマークと合わせてギフトにぴったり

ブックカバー(A5)

ビジネスレザーファクトリーのブックカバーは内側にサイドポケットが1つ付いていて、付箋やメモ、ブックマークを挟んでおくことができます。
店舗限定でブックマークも販売しているので、友人やお世話になった人へのギフトには、【ブックカバー】と【ブックマーク】、さらに【本】を合わせてプレゼントするととても喜ばれます。
お祝いや感謝の気持ちが伝わるように、【お名前刻印】もマストです。

本や、ブックカバーとしおりの色の組み合わせ、刻印する文字を「選ぶ楽しさ」が、ギフトを渡す前からワクワクさせてくれます。

どうしても語らせて欲しいポイント/ブックカバーをつけるから読みたくなる

ブックカバー(A5)

実は、ビジネスレザーファクトリーのブックカバーが大好きで、たくさん持っています。
わたしが持っているのは、
▶︎文庫(ポリニアブルー(過去の限定カラー))
▶︎ソフト(ブラックグリーンとキャメルブラウン)
▶︎ハード(ポリニアブルー)
▶︎A5(ピーコックブルー)です。

こんなにたくさんの種類のブックカバーを持っていると、元々本をたくさん読むほうだと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。ブックカバーをつけるようになったから、本をたくさん読むようになったんです。
本来、わたしは本に興味があるのに、文章を読むのが遅くて、購入してもなかなか最後まで読みきらないタイプでした。ですが、ひとつめのブックカバーを購入してみたところ、本を開くのがどんどん楽しみになりました。

以来、分厚い本もめんどくさがらず、毎日持ち歩くようになり、楽しく完読できるようになりました。今ではいろんなサイズのブックカバーを持っています。
ブックカバーをつけると、一冊一冊を大切にしている気持ちになるのはもちろんですが、それと同時に、「ひとり時間」を大切に過ごしているように感じます。
何といっても「シンプル」なデザインと「上質」な手触りは、忙しい毎日の中にちょっと贅沢なブレイクタイムを演出してくれます。