ポーチXS

品川店 小野瀬さん 20代女性スタッフの愛用品
ポーチXS/カラー:ブリックブルーノ(過去に限定販売したカラーです)

今回、愛用品をご紹介させていただくのは「品川店」スタッフの小野瀬です。
わたしは今まであまり化粧をしてこなかったのですが、社会人になる時に本格的に始めました。その時に、あるブランドのリップに一目惚れしてしまい、どうしてもそのケースを傷つけたくないと思い、小さいポーチを探していました。
お客様にへの商品紹介の文言を考えていた際、もしかして!と思い、リップを入れてみたらピッタリ!そこからポーチXSの汎用性の高さにハマってしまい、今ではいろんなものを入れています。

▷愛用歴 約半年
▷カラー ブリックブルーノ(過去に限定販売したカラーです)

推しポイント①/汎用性の高さ

ポーチXS

わたしはポーチXSを2個持っていますが、片方はリップ用、もう片方は頭痛薬とツール(小さいはさみやナイフなどが一体になっているもの)を入れています。その他にもカバンのサイズやその時の用途によって中身を入れ替えて使っています。色を変えることによってカバンの中で間違えることもなく使いたい時にサッと出せるのも良いです。

また、アクセサリーケースとしてカバンに入れる時もあります。わたしはイヤリングを使用しているので、仕事帰りの際には耳が痛くなってしまう事が多く、外してポケットに入れることが多かったのですが、それだと金具が歪んでしまいます。そんな時に一つコレがカバンに入っていると、ポケットにそのまま入れることもないのでイヤリングが壊れてしまうこともなくなりました。

推しポイント②/小さいこと

ポーチXS

普段、わたしは小さいカバンを使うことが多いです。そのため、化粧ポーチなどが大きいと変にかさばってしまう事が多く困っていました。ポーチXSはリップとリップクリームを入れて丁度良いサイズのため、長時間外出をする予定がない時はこれだけで済みました。化粧直しをする時も、化粧台の前でリップを探すこともないため、スマートに済ますことができます。

また、推しポイント①に書いたように頭痛薬などの錠剤シートを入れた時にも、その小ささが大いに活躍します。わたしは夕方から夜にかけて頭痛に悩まされることが多く、頭痛薬が手放せません。これまで「気が付いたら錠剤シートが破れていて錠剤が外に出ていた」ということに悩まされていました。しかし、ポーチXSに錠剤シートが綺麗に入ることに気づきその後ずっと入れていますが、外側が革のため鋭いものがぶつかっても、破れて出てくることはなくなりました。

どうしても語らせて欲しいポイント/革だからこその質感

ポーチXS

23歳という微妙な年齢。大人になろうと背伸びをするが、かといって大人だからと言われるのもなんとなく嫌なこの頃。革というフォーマルにもカジュアルにもなれる素材は、そんなわたしにはピッタリでした。
また、革は手入れを重ねていけばツヤが出て、染色方法によっては、色により深みが増します。

自分が積み重ねた年月が現れるそれは、自分が大人になろうと背伸びをしている時に目に入ると、背中を押してくれます。
化粧をする時、疲れてしまって弱っている時に見るとスッと背が伸びる気持ちにさせてくれます。革だからこそ、身近なアイテムを使って気分を上げて、社会人として大人として頑張っていこうと思えます。

革製品で身近なアイテムを探している方に、是非ポーチXSを使っていただきたいです。

ポーチXSの商品ページは、こちらから